酒と狩りの日々

楽しく生活するためのマテリアル

仕事が終わって帰ってきて玄関で寝転がって二度と起き上がれないような大人にはなりたくなかった

 

 

とてもみっともないが、気持ちを整理するために散文をここに書いて捨てようとおもう。

 

 

 

  覚えているか、自らが青かった頃の夢を。

pixivのゲイ小説の登場人物が一回目の射精をするよりも早く色々なことを諦めるおれがこれだけはブレていない上に何度もへし折られて尚今も目指しているものがある(ここでは言わないが)。

だが、走行区間が長くなりすぎた小田急線がズルズルと遅延時間を増していくように、長くなりすぎた会議が明後日の方向へ向かうようにおれは一生おれの目標へ辿り着けないかもしれない、と思っている。

 

 

  ろくな賃金を貰えず毎日胃痛に耐えながら仕事をし、疲れて帰ってきて玄関で倒れ込んでしまう(ここしばらくはなかったが)なんて日々はおれは欲しくはなかった。現状に満足すれば幸せになれるのかもしれない。人間、思考を放棄してしまえばそれは大層幸福なのだ。

 

なるほど確かに向上心のない者はばかだ。だが馬鹿正直にもがき続けるのは果たして賢いのだうか。

 

迷っている。まだ若く青い身空だが、もう進もうとするのを止めてもいいのではないか。ここいらでいっぺん幸せになってみてもいいのではないか。

視界は濁る。掲げ続けた松明の灯りが焼き付く。正面を見続けるだけの力が無い。

 

灯りを落し、瞼を閉じる時間も必要なのか。

 

だが、他ならぬおれ自身がそれを是としない。こうして文章におこし排泄することで整理することすらも憚られる。楽しいだけでいいのに永遠に苦しみ続ける道を選ぶ。苦しんでいるおれはおれを一生許せないし、おれを苦しませているおれはおれを一生許さないだろう。

 

いつも思っている。

おれは一体どうしたいのか、おれは本当はどうなりたいのか。

そうこうと思考を巡らせているうちに宗教のようだ、と認知してしまい、終わりが見えなくなった恐怖に戦きある地点から先には進めない。このまま進むことができず、どこにも辿り着けず、明日にでも絶えてしまうかもしれない。そんな話、往々にしてある。

 

  未だ至らぬ地に思いを馳せながら泥を啜り続けることができるのだろうか。そのまま絶えてしまった時に「でもまあ、よかったかな」と思えるのだろうか。それとも今の時点で満足してしまったほうがいいのだろうか。

 

ままならないな。良く在りたいだけなんだがな。

 

 

 

お前は達磨さんを後ろからナイフで刺し殺した

  お前とここでまみえるのは久方ぶりだな。今回は番宣だ。ハマったアニメは積極的に紹介するのがオタクってものだ。

 

  お前は福岡に来たことがあるか?俺は無いが、福岡には道路交通法が無いということだけは知っている(済まないが、過去記事を参照してくれ)。

 

  今回紹介するのは福岡を舞台とした「博多豚骨ラーメンズ」と云うアニメだ。如何にも俺の足の臭いがしそうなタイトル(https://twitter.com/homeos_dhamma/status/970278341507870725?s=21)だが実際には明太子ご飯の匂いがするアニメだ。不自然な博多弁を喋る小野D、*1がついてそうでついていない梶裕貴(ぽわりにするンゴ!wどいてクレメンス;;;)、ゲイのプリズムキング(プリズムキングは尻からハチミツを出したり佐賀で広島弁を喋るシスコンイタリア人だったりする)昔見た吸血鬼幼女を彷彿とさせる悠木、オネエの浪川などいろいろな人がいる。いろいろな人がいることはとても社会的である。腹が立つ。仕事に戻ったら上長の禿頭をひっぱたいて来ようと思う。

 

  この作品、瞬きをしている間にサクサク人が死ぬ。某名探偵漫画より高い死亡率なので、人口の著しい減少が懸念される。これがショウシコウレイカというやつか。まんこもあるのか安倍晋三。お前はこのアニメを観て人を殺すのでこのアニメは公共の福祉に反し、規制されることとなるのが予想される。お前は早いうちにこのアニメを観ておいた方がいいだろう。

 

http://hakatatonkotsu-anime.com

*1:i

You don't know what law is

今晩は。ご無沙汰している。突然だが、You don't know what love is(恋はいつも未知なもの)というジャズナンバーを知っているだろうか。悲しい曲調のナンバーだ。私は知らない。ちなみにこのくだりはいらない。
知ってる人は知ってるが、私は東京(八王子 ※雪の中継が有名)生まれ東京(青梅 ※電車に鹿が激突して止まる地域)育ちのシティーボーイだ。そんな私が福岡に住んで知ったことを赤裸々に綴ろうと思う。


〜北九州だけじゃない!福岡県の怖いところ〜


道路交通法が無い

無い。施行されていないのだ。制定されてるかどうかも定かではない。福岡県に住む大多数の人間がこの法律を知らない。未実装なのだ。あまりの引きの弱さに「星4未実装」と揶揄された私の白猫プロジェクトのアカウントよりも実装されていない。コロプラ任天堂に潰されるのと、私が車に轢かれ身体を潰されるのとどっちが先かというレベルだ。



・免許制度が無い

無い。誰も免許を持っていないのだ。道路交通法も無ければ免許も無い。福岡の全ドライバーに免許を返納してほしいが返納する免許すら存在しないのだ。


・運転したことなさそう

私は免許を持っていないのでもちろん運転したことなぞ無いし、技術の多寡にも疎い。ただ福岡県を走る車両の運転手は車の運転をしたことがないのだろうな、ということだけはひと目でわかる(余談だが、福岡に来て初心者マークを一度も見たことがないというのがまた恐ろしい)。


・目ついてなさそう

上記の通り私は運転の機微を理解しないのだが、福岡県を走る車の運転手はどこも見ていない。絶対行けんやろ、というところを突っ込んでくるし細道から左折で大きい道路に入る時にスピードを緩めるということをしない(私はこれで7億回以上轢かれそうになっている)。いくら福岡県民が頭の中に明太子しか詰めてないとはいえ、そこまで周囲を見ることが出来ないとは思わない。眼孔に納まっているのがあまおうか何かなのでは、と疑ってしまう。


賢明なる皆々様ならこれらがどれほどのことか容易に理解しうる筈だ。"正しい街"の道路交通状況は何から何まで間違っている(愛してやまぬ東京は何も無いが正しい道路交通状況は在る)、ということだ。自家用車はもちろん、タクシーやバスに至るまで危険ではない車両が存在しない(人を轢き殺したことがないタクシー運転手はごくわずかだと聞く)。
私は通勤手段として、自転車を用いているが道路状況が上記の通りなので、東京でするように道路の左側を走るということは能わない(まあそもそも道路交通法が存在しないので自転車で道路を走る義理も無い)ため、歩道の至る場所に障害物として設置された「ものすごく遅いスピードで移動する老人」に毎日悩まされている(というかブチ切れてる)。あの悪名高い点Pより人のことを悩ませてくる。

これだけ恐ろしい状況で、私は福岡県で一度も交通事故を見たことがない(何故?)。アダム・スミスは市場に於いて"神の見えざる手(恒常性維持機能。ホメオスタシス。)"の存在を唱えたが、福岡県の道路では神の見えざる手が手マンで潮吹きさせるんじゃないかってくらいに働いてる気がしてならない。


以上、長々と個人的な怒りを燃え上がらせて駄文を綴ってしまったが、仕事があるので本日はここまでにさせていただく。明日も君が無事に帰宅できることを祈る。

お前は南米の女神、ケツァナ・コワレトルを見たことがあるか

 久々の更新だ。ご無沙汰している。表題の通り今回は尻の穴の話になるのだが、久々の更新でそのような話をするのも憚られるものの他に書くことがないので仕方ない。
 関係ないが、過去記事をざっと見返したらつまらない上にマーリンに媚びすぎだしなんだ、酒と狩りの日々って。古代か(歴史に弱い)。

 さて、私は以前からイボ痔に悩まされていた(なんだかんだ半年弱放置していたかもしれない、オタクには病院に行く暇なぞ無いのだ)。先日漸く重い腰をあげ、病院に行って初対面の優しいおじいちゃんにほぐし無しローション無しで指を突っ込まれて「ああ〜これは手術だねぇ〜」と言われ(どう見ても注射で治る程度のものではないだろう!この件は必要だったのか!)といきなりアヌスを蹂躙されたことに対する怒りに打ち震えながらも手術を了承し、今日12/18に手術をする予定を取り付けたのだった(ちなみにホモもドネコもバレた。やはりプロは違う)。

 手術当日、前回の診察時に処方された経口腸管洗浄剤(有り体に云えば下剤)を朝の5時からゆっくり時間を掛けて摂取し続けてた。これはだんだん水様便になってきて最後には水のような透明の便しか出なくなる、と言ったものなのだが、出てくる便の勢いがものすごい。賢明なる皆々様ならウォシュレットをご存知の筈だが、肛門に当てるはずのそれが肛門から出てくるかのような凄まじい勢いに私は戦慄した。激しく噴き出す水様便がだんだん黄土色から透明になってゆく様は、小学生の頃やっていた「ポケットモンスター ルビー・サファイア」で、ヌマクローがLv36でラグラージに進化し、”だくりゅう”を覚え、冒険を進めていって”なみのり”のひでんマシンを貰ってラグラージに覚えさせた経験を髣髴とさせ、懐かしさに心が暖かくなった。
なっていない。


 シャワーを浴び、病院に向かい、予約していたにもかかわらずありえないくらい待たされたら、さあいよいよ手術だ。「腰に麻酔打つからね!痛いけど我慢してね!」と脅迫をされたので太くて大きい注射を想像し、子犬のようにブルブル震えながら身構えていたものの(可愛い)鍼のようなものを貼っつけられただけだったので、あまりの呆気なさに驚いた。しかし何だかおかしい。全然効いてこない。そういえば高校の時足の手術をした際も麻酔全然効かなかったっけな。

「痛いと?」
「痛いっす」
「ええ…」
(ええ……?)

こんなやり取りをしながらブチブチ切ってくる。痛いつってんだろうが。歯医者の痛かったら云々より意味が無いぞ。それでもあまりの痛さに絶叫し続けていたらようやっと麻酔を追加してくれ、落ち着いてきた。強い便意と妙にこしょばい感覚に耐えながらも、それからは特に何事もなく無事手術を終え、ベッドに移された。看護師の女性に「麻酔が切れたら痛くなってくると思いますので痛くなったら呼んでくださいね」と言われ、20分後くらいに彼女を呼び、痛みが戻ってきたこと、便意に苛まされていることを伝えたが「そんなはずはない、まだ麻酔が効いているはずです。あと便は我慢してください。」と言われ、彼女の言っていることが理解出来ずに返事の一つもせず戸惑っていたら立ち去られてしまった。白衣の鬼畜生だ。
 便はそのあとすぐ許可して貰えたが(なぜ我慢を強要された?)、痛み止めは結局帰る直前まで使用して貰えなかった。おかげで3時間ほど激しい痛みに耐えていた(あまりの辛さにTwitterクソリプライをしてきた友人をブロックした)。ちなみに、痛すぎて「気持ちいいことで緩和できるのでは!?」と訳の分からないことを思い立ちずっとちんちんをシコシコしていた。しっかり勃ってしっかり気持ちよかったので妙なたくましさに我ながら呆れた。
 着替えてロビーで待っていると、件の鬼畜生婦人が「召し上がってください」とお茶と栗饅頭を持ってきてくれた。そういえば朝から絶食してたなと思ってありがたく頂いたが、完全に緑茶だと思って口にしたものが昆布茶だったので少々驚いた。奇を衒うのが許されるのは中学生までだぞご婦人。まあ大体こんな感じでとりあえず薬を貰い、三万近く支払って病院をあとにした。

 さて、ここからが地獄(そうでもないが他に表現が思いつかない。訓練とかでいいのだろうか)の始まりだ。

 病院を出たものの、尻の痛さにうまく歩けずめちゃくちゃゆっくりで思うように進まない。痛い。とりあえず目的地についた。バス停だ。バスは揺れる。尻は痛い。家まで40分。

 男は忍耐……

 泣き喚くのを我慢し(褒めてくれ)無事自宅の最寄りのバス停に降り立ち、トボトボ家まで歩いた。何故私は休日に深刻なダメージを負わねばならぬのだと憤りながらものすごくしょっぱい粥を作り、薄めながらとりあえず空腹を凌いだ。聞けば、暫く油ものや辛いもの、酒、コーヒー等の刺激物はやめた方がいい(そうでなくともえげつない痛みに耐えながら便を排泄しなければならない)そうだ。食べたいものが食べられないのはツラいぞ。フフ。


 文章からはあまり伝わらなかったかもしれないが、手術がとにかくつらかったので二度と痔にはなるまい。皆さんも気をつけてほしい。肛門は大切に使っていきたいし早く元気になってちんぽが欲しい。ちんぽが欲しい!

 余談だが、ケツ毛がきれいさっぱり無くなっていた。

キンプラの話をするとしよう

 昨日観に行った映画の話だ。KING OF PRISM -PRIDE the HERO-という映画だ。どのような言葉を弄そうともあまりの理解の追いつかなさに、感想が結局「すごい……」でまとまってしまうし意味がわからなくてもやもやして「もう一度観よう……」ってなるし観ても結局「すごい…………」で終わってループするタイプの映画だった、すごいしすごい
 宗教勧誘よろしく色々な人に勧めているし私も明日また見に行ってこようと思う。すごい。